賞金女王歴代賞金金額の推移【女子プロゴルフ】グラフで見やすく

賞金金額の推移

2020−21年シーズンは、稲見萌寧プロが2億5519万2049円で賞金女王となりました。

変則的なシーズンではありましたが、女子プロゴルフの人気は高まり賞金金額は上昇を続けています。

一方、男子プロの賞金王は1億2759万9803円で稲見萌寧プロの半額となっており寂しいものです。

JLPGA発足の1968年からの賞金女王の金額推移です。50年以上たちますが右肩上がりに増えています。

最初の年、1968年は樋口久子プロの35万円が賞金女王の金額です。1968年は試合数は2試合で、2試合とも樋口久子プロが優勝しています。ちなみに2位は佐々木マサ子選手で15万円の賞金額でした。

その後、初めて1億円を突破したのが、2000年の不動裕理プロ。シーズン6勝して1億2044万3924円獲得し賞金女王になりました。不動プロはその後6期連続の賞金女王に君臨しました。

それから15年。2015年にイボミプロが2億円を突破しました。シーズン7勝して2億3049万7507円で2位と大差をつけての賞金女王でした。

賞金女王と2位との差はこちらの記事で表にしています。

2億円突破は2015年のイボミプロと、2020−21年シーズンの稲見プロだけです。

2020−21年シーズンの日本の男女賞金王の金額と、アメリカの賞金王の金額を整理します。 

JLPGA:日本女子プロゴルフ
2億5519万2049円

JPGA:日本プロゴルフ(男子)
1億2759万9803円

PGA:米国プロゴルフ(男子)
8億8618万2295円(7,705,933ドル)

LPGA:全米女子プロゴルフ
4億274万8515円(3,502,161ドル)

アメリカはスケールが違いますね。

のこのこ

日本女子プロゴルフが3億円を突破するのも遠くない気がします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次