ステップ・アップ・ツアーとは?LPGAツアーの仕組み リランキングの活用でチャンスを!!

リランキング

2021年プロテストに合格した選手は21人。約650名が予選を戦い、最終テスト20位タイまでが合格の狭き門。

これを勝ち抜いても、トップ合格した尾関彩美悠(あみゆ)プロでさえ2022年のレギュラーツアーにはほとんど出場できないのです。

下の図のように、レキュラーツアーの上位とQTファイナルの上位のメンバーに入る必要があります。

LPGAレギュラーツアー

○賞金ランキング 50位
(2022年はメルセデス・ランキング併用)
○賞金ランキング 55位までは前半戦出場可能
○ステップアップツアー(下部ツアー)上位 2名
○QTファイナルステージ 30名
○その他シード選手 数名

その他シード選手とは、

●30勝以上の永久シード選手

●2020−21年ツアー優勝者

●公式戦優勝の複数年シード保持選手

などで永久シード保持選手は不動裕理選手など6名です。

目次

プロ合格への道

2021年を例にすると、下記にように第一次予選から始まります。

JLPGAのホームページより抜粋

2021年は6月30日が締切でした。

①4月1日時点で満17歳以上の女子(出生時)
②JGA/USGA HDCP Index5.0以下程度の実力を要する
③第1次予選:4万円の受験料

ゴルフが上手な4万円払える高校3年生ということですね。

お金の問題ではないですが、1次予選で4万円、2次予選で6万円、最終プロテストで10万円の受験料が必要になります。

2020年からは、プロテストに合格しないとJLPGAのツアーに出るためのQTトーナメントに出場できなくなりましたので、狭き門ですがこのテストに合格することが必須です。

QTトーナメントとは

QTトーナメント(クォリファイングトーナメント)は、翌年度の「JLPGAツアー」と「JLPGAステップ・アップ・ツアー」の出場資格を決める為のトーナメントです。

のこのこ

シード権を失ったプロや、プロテストに合格したプロが、翌年度のツアーに参加する為の順位を決めるのですね!

JLPGAのホームページより抜粋

1st STAGE 参加条件

①JLPGA会員
②2021年度JLPGA最終プロテスト合格者

JLPGA会員ということは、プロテスト合格者ということです。②に2021年度合格者と項目を分けているのは、合格者は翌年の1月1日に入会なのでまだ会員ではないのですが、翌年から活躍できるようにしているのですね。

Final STAGE 参加条件

2021年は1stSTAGEに約270名が3地区に分かれて戦いました。上位60名程度がFinal STAGEに進むことができ、合計96名でFinal STAGEを戦いました。

1st STAGEに参加せず、以下のような条件でFinal STAGEに進む事ができます。

①当年のシード選手で、シードを創出した者
②ステップ・アップ・ツアーの各競技優勝者、賞金ランキング3〜10位、
③当年のプロテスト第1位の者
④その他

詳細は割愛しますが、概ね上記のような条件でFinal STAGEから参加できます。

2021年プロテスト第1位の尾関彩美悠(あみゆ)プロは、Final STAGEから参加し58位の結果でした。

プロテストの結果はこちらから確認してください。

ステップ・アップ・ツアーとは

JLPGAツアーの出場資格がない選手、および新人を対象とし、育成・レベルアップを目的としたトーナメント。

2020−21年シーズンには186名が出場しており、トップの選手(リ ハナ プロ)は1,831万円獲得しています。

このツアーで活躍すると

①賞金ランキング1,2位の選手は、翌年の第1回リランキングまでJLPGAツアーに出場出来る
②各大会の優勝者、および3〜10位の選手は、QTのFinal STAGEに出場できる

リランキングとは、選手の活躍状況に応じて、JLPGAツアーの出場選手を入れ替える手段です。

のこのこ

ステップ・アップ・ツアーで力をつけながら、数少ないJLPGAツアー出場のチャンスでポイントを稼ぐのですね!

いつでもJLPGAツアーに出られる準備をしておく場なのですね。

2020−21年のステップ・アップ・ツアーの成績はこちらです。

ステップ・アップ・ツアーは「スカイA」で見ることが出来ます。

登録は、こちらの公式サイトから:スカパー!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次